浄水器の価格と人気について

水道水では、安全な水を利用することができない、美味しい水を得ることはできないという理由で、浄水器を利用する消費者は多いです。水道水の水質は、地域によってバラツキがありますが、河川が工業廃水などを含んだ水ならば、浄水場でしっかり殺菌処理をしなければ、最低限安全な水を提供することができません。殺菌処理には、塩素が利用されます。塩素自体が有害物質ですので、提供される水道水は、カルキ臭という独特の不味さがあるのです。

浄水器には、さまざまな種類があります。本格的なものですと、ビルトインタイプといい、シンクの下にあらかじめ取り付けられているものです。価格がとても高いのですが、定期的なメンテナンスは業者が対応してくれるケースもあります。また、ポット型で、安全な水を利用したい時に、ポットに水道水を入れて、必要な分だけ浄水させるというタイプもあります。

しかし、最も人気が高く、価格が安い浄水器は、蛇口直結型のタイプです。家電量販店などに行けば、すぐに購入することができます。お店の目玉商品で販売される機種もあり、数千円で本体を購入することができます。しかし、注意しなければならないのは、ランニングコストもしっかり考えなければならないということです。

浄水器のフィルターには寿命がありますので、取り換えをしなければなりません。フィルターの価格は、本体よりも高いケースが多く、寿命が短いタイプの商品ですと、フィルターの購入だけで、相当な費用負担をしなければなりません。性能はもちろん、ランニングコストも含めたトータル費用を考えることが必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*