浄水器利用のトータル価格を考える

浄水器を購入される場合に、重要視しなければならないのは、有害物質の除去性能はもちろんのこと、長期間の価格を考慮しなければなりません。初期導入費用は安くとも、ランニングコストが高い商品はたくさんあります。効果がでるまでに時間がかかるような健康食品やサプリメントなどがその筆頭です。浄水器においても、本体を購入してもらえれば、フィルターの交換の都度、費用が発生しますので、初期費用だけではなく、ランニングコストも全て考えた上で、購入する必要があります。

浄水器では、蛇口直結型の商品の人気が高いです。ご自身で取り付けをすることもできますし、タイプによっては、デザインが美しく、キッチンの雰囲気を良くする効果などを見込めることもできるのです。家電量販店などでは、目玉商品として、数千円で本体を購入することができます。しかし、よく理解していただきたいのが、フィルターの性能と寿命です。

一般的に半年の寿命という商品が多いのですが、中には3ヶ月で交換しなければならない商品もあります。しかも、本体価格よりも数倍高い費用負担をしなければなりません。水の安全性を常に考えている人ならば、寿命が来た際にしっかりフィルター交換をしますが、価格が高く、水の安全性を実感できない人もいますので、フィルターの交換をしない人もいます。それでは、何のための浄水器なのか疑ってしまいます。

水の味をしっかり理解できるほどの味覚を持った人は少ないです。本体だけ購入して、フィルターの交換をしない人は、浄水器を無駄に利用しているだけです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*