浄水器の価格と性能を考える

浄水器は、水道水を安全に利用できるために取り付ける製品です。つまり、水道水では、安全な水を確保できることができないのです。もちろん、最低限の品質を高めるために、浄水場などで殺菌処理をしていますが、塩素を利用した殺菌処理自体が安全性を損なう理由でもあるのです。塩素自体は、人身に被害を与えるような成分です。

有害物質を殺す役割があるほどの成分ですので、塩素処理をした水道水に安全性を求めることはできません。逆に、トリハロメタンというガンの発生を促進するような成分が含まれているのです。人が生きる上で水は不可欠です。水道水で満足できればそれに越したことはないのですが、妊婦の方や乳児がいらっしゃる場合には、水道水で粉ミルクなどを作ることがとても危険なのです。

ですから、美味しくなくとも、安全な水を利用したいと考えるのです。そのために利用されるのが浄水器です。機種によって水道水の有害物質を除去する能力は異なりますが、塩素によるカルキ臭などを取り除くことはできます。水にこだわる消費者は、あらかじめビルトインタイプの浄水器を設置する場合が多いですが、高価格なので、購入が難しい場合もあります。

そこで重宝されるタイプとして、蛇口直結型の浄水器の人気が高いのです。比較的価格は安く、ご自身で取り付けをすることもできますので、多くの消費者が利用しています。商品によって価格帯が異なりますが、フィルターの性能によるものです。どんな有害物質でも除去できるタイプの商品は、少々価格が高くても利用されることが多いのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*